Oshirase 2019.09.27

【#スタッフレポ WASEDA NEO 朝活講座】

早稲田大学が開講する社会人向け講座、WASEDA NEO。
Dr.辻は6月に引き続き、9月開講の朝の講座を担当させていただいています。

―WASEDA NEOとは?
「WASEDA NEO」は拠点を日本橋駅に直結した好立地に置き、 多様な業界から講師や参加者が集い、朝活や夜間のセミナーなど様々なプログラム、イベントを展開しています。(詳細はこちら

前回は「ご機嫌に生きるメンタル術」を学びましたが、今回は、さらに周りも巻き込みパフォーマンスを上げていく方法を学びます。全5回の講座のタイトルは「周りをご機嫌に導くリーダーシップ ~周りのパフォーマンスを引き出す術~」。

IMG_3655

朝7時過ぎ。早朝であるにもかかわらず、受講者が続々と到着します。会場である早稲田大学日本橋キャンパスは、地下鉄日本橋駅直結で、終了後に職場へ直行するのにもアクセス抜群です。

7時20分、9名の受講者を迎えて本日の講義がスタートしました!

全5回のコースの2回目の今日は、「まずは自分のごきげんな心を導く」がテーマ。周りを支援するには、自分が認知の海で溺れているわけにはいきません。ご機嫌の陸地に上がり余裕を持った状態にするために、認知脳とライフスキル脳のバランスを整え、そしてそれをスキル化することが大切だとDr.辻は説きます。

IMG_3658
グループワークを挟みつつ、講義の最後には映像教材を見てのワーク。1時間めいっぱい使って、周囲にまで影響するごきげん力を鍛えました。

メゾンカイザーの焼き立てパンとコーヒーのいい香りとともに、ご機嫌な一日の始まりを迎えた受講者のみなさんの顔は、皆、輝いていました!

ある受講者は「“ごきげん”でいることがパフォーマンスに与える影響を実感し、前回に続いての受講です。チーム全体がごきげんである重要性を痛感しているので、今回の学びを活かして周りにご機嫌を波及させたいと思います。」と話をしてくれました。

朝活という時間帯についても、「他の予定が入ることがなく確実に参加出来るので、むしろ都合がいい」という好意的な意見が概ねでした。

充実した気分で講義を終えても、8時20分。普段は日常に追われ、全く余裕のない時間帯です。志の高い受講者に囲まれ、朝の時間の有意義な活用方法を知ることができました!

 

(エミネクロス・スタッフ)